一般賃貸住宅へ居住するメリット

一般賃貸住宅は費用が安い

公社が提供している一般賃貸住宅は家賃が安いのが最大のメリットです。公共のためにサービスとして提供されているのが一般賃貸住宅の特徴で、民営住宅に比べるとかなり安上がりになることが多いのが魅力です。ただ、安いのは家賃だけではありません。民営の賃貸住宅ではありがちな諸費用がほとんどかからない仕組みになっています。礼金は不要なのが一般的で、仲介を受けるわけではないので仲介手数料もかかりません。連帯保証人を立てられないときにも保証会社の利用が可能ですが、保証料が民営の賃貸住宅よりも一般賃貸住宅の方が低い相場になっています。契約更新料もかからないのが普通なので、費用負担が全般的に少なくて済むのがメリットです。

間取りの選択肢が広い

一般賃貸住宅は間取りの自由度が高い地域が多いのも魅力です。民営の賃貸住宅では一人暮らし向きの1Kから1LDK、あるいはワンルームの物件は多数あります。夫婦で暮らすような2LDKくらいの物件も比較的多いですが、3LDK以上になると候補が急激ん少なくなる地域がほとんどです。しかし、一般賃貸住宅の場合には4LDKくらいまでは豊富に用意している地域が多くなっています。一般賃貸住宅はマイホームを買わない人や、買う余裕がない人がずっと住むケースが多く、ファミリー向けの住宅のニーズが高いからです。物件の充実度には地域差があるのは確かですが、多くの地域では一人暮らしから家族暮らしまで幅広く対応できるように一般賃貸住宅が用意されています。